PAGE TOP ▲

僕だけがいない街|おすすめ漫画レビュー

僕だけがいない街

僕だけがいない街

僕だけがいない街

 

 

おすすめ度★★★★☆

 

 

作品名:僕だけがいない街

 

作者: 三部けい

 

巻数:全9巻

 

出版社: KADOKAWA

 

掲載誌: ヤングエース

 

売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。
その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムリープしてしまうというものだった。
自分の意思とは関係なく発動する上に、能力が発動した結果「マイナスだったことがプラマイ0になる(悪いことが発生しなくなるだけ)、もしくは自分にとってマイナスになる(未然に防ごうとした結果、自分が労力を使う)」というこの能力に不満を持ちながら、悟はピザ屋のアルバイトをこなす日々を過ごしていた。

 

サスペンス漫画です。
設定はリバイバルを繰り返すサスペンス「ひぐらしのなく頃に」に似ています。
最初こそ解説シーンが多く、説明口調で読み疲れますが、物語が進むにつれ徐々に読みやすくなっていき、それに伴いはまっていきます。
ストーリーはおもしろく、完成度も高いです。
ただし深みはありません。
また、サスペンスとして最も重要視されるべき結末が、やはりそうなったかという、簡単に読めてしまうのが非常に残念です。
そもそもタイトルが・・・これ以上言うとネタバレになってしまうので。

 

僕だけがいない街  通常版
定価5,550円(税込)
↓下記リンクをクリックすると該当の漫画の購入ページに飛びます。
漫画全巻ドットコム 僕だけがいない街


コミックレコメンド TOPへ



おすすめ全巻販売サイト

おすすめ漫画ランキング

おすすめ漫画


 
TOP サイトについて アンケート お問い合わせ