PAGE TOP ▲

黒塚 KUROZUKA|おすすめ漫画レビュー

黒塚 KUROZUKA

黒塚 KUROZUKA

黒塚 KUROZUKA

 

 

おすすめ度★★★☆☆

 

 

作品名:黒塚 KUROZUKA

 

原作:夢枕獏

 

作画:野口賢

 

巻数:全10巻

 

出版社:集英社

 

掲載誌:オースーパージャンプ

 

 

時は鎌倉時代、兄・源頼朝より逃げおおす源義経(源九郎)と武蔵坊弁慶(大和坊)。
二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。
いつしか九郎と黒蜜は男女の関係になる。
しかし、その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた。

 

SF伝奇漫画です。
上記あらすじだけ見ると義経伝記かと思いがちですが、主人公がクロウ(義経)なだけで史実のストーリーはまったく関係ありません。
原作は「能」の「黒塚」を小説化したものだそうです。
かなり独創的なストーリーで惹きつけられるものがありました。
ただ、KUROZUKAの独創性を高めている一つの要因でもあるのですが、唐突な回想シーンが多く無駄なコメントがほとんどないので読みにくいという印象が残りました。

 

黒塚 KUROZUKA 通常版
定価6,370円(税込)
↓下記リンクをクリックすると該当の漫画の購入ページに飛びます。
漫画全巻ドットコム黒塚 KUROZUKA


コミックレコメンド TOPへ



おすすめ全巻販売サイト

おすすめ漫画ランキング

おすすめ漫画


 
TOP サイトについて アンケート お問い合わせ